設備 « にゅーとぴあ

‘設備’ タグのついている投稿

三菱ふそう、川崎に小型EVトラック用急速充電設備を開設…日本初

2017 年 5 月 11 日 木曜日
トラック大手メーカーの三菱ふそうトラック・バス株式会社は5月10日、神奈川県川崎市内にある同社の川崎工場に日本初のトラック用充電設備を2箇所設置(計8台分)し、同日公開した。  三菱ふそうトラック・バスは、2017年後半から世界初のEV小型トラック『eCanter』の販売を予定している。同車は川崎工場で生産され、日本をはじめ米国や欧州に納入される。小型トラックは、コンビニ業界や宅配便などに...

パナソニック、EV・PHEV用充電設備の販売設置事業を開始

2013 年 9 月 19 日 木曜日
パナソニックカーエレクトロニクス(PCE)は、従来のカーエレクトロニクス製品の販売・サービス事業に加え、新たにEV・PHEV(電気自動車・プラグインハイブリッド車)用充電設備の販売設置事業を開始した。  これまでパナソニックグループでは、住宅設備・公共施設ルートを中心にEV・PHEV用充電設備の販売を進めてきたが、今回、新たにPCEの取引先である全国約4万店のカーエレ販売ルートへの設置推進...

【トヨタ プリウスPHV】充電設備の普及程度を思い知った…会田肇

2012 年 8 月 1 日 水曜日
実は個人的な体験としてバッテリーで走行することに対してイマイチ懐疑的だった。  というのも7~8年前に電動アシスト自転車を購入したが、このバッテリーが2年を過ぎた頃から急激に充電効率が落ち始め、往復で3km程度を走ると残充電がほとんどなくなってしまうようになった。  リフレッシュを行ってみたものの、3年ほど経った頃には充電してもほとんど走れない状況になってしまった。バッテリーの買い換えも...

【トヨタ プリウスPHV】充電設備の存在意義がEVと違う…西村直人

2012 年 6 月 20 日 水曜日
2012年1月30日の発売以降、すでに5800台を売り上げた『プリウスPHV』(5月末時点)。純粋に考えて1450台/月というペースだ。  この数字、ベースの『プリウス』が平均して2万5000台/月(2011年販売実数)を売っていることから考えると、プリウスよりも(装備に若干の違いはあるけど)88万円高い車両価格に押され気味なのか、と勘繰ってしまう。まぁ、プリウスのように供給体制が整わない...

EV急速充電設備だけの電力需給契約が可能に…電力10社

2012 年 3 月 27 日 火曜日
国内の電力会社10社は、4月1日から電気自動車(EV)専用急速充電設備だけの契約ができるようにすると発表した(3月26日)。  電気需給契約は、同一敷地内では一つの契約とすることを原則としている。政府は2011年4月8日「規制・制度改革に係る方針」で急速充電設備を設置する場合、同一敷地内でも複数の電気需給契約を締結できるよう必要な見直しを行うことを閣議決定した。  これを受けて、電気事業...

86/BRZ製作所長「既存設備の活用とトヨタ生産技術の融合で成立さ

2012 年 3 月 19 日 月曜日
トヨタ自動車と富士重工業の共同開発車、トヨタ『86』およびスバル『BRZ』を全量生産する富士重群馬製作所の所長を務める笠井雅博常務役員は「今回の生産はスバルの既存設備を最大限活用する中、トヨタの最新の生産技術を融合させることで成立させた」という。  トヨタと富士重が生産分野で協力するのは、2007年4月から開始された富士重・米国工場SIAでのトヨタ『カムリ』受託生産に続き2例めとなる。笠井...

パナソニック電工、公共向けEV・PHEV用充電設備の新製品を発売

2011 年 12 月 9 日 金曜日
パナソニック電工は、EV・PHEV充電用充電設備「エルシーヴ」シリーズとして、充電ケーブルを搭載し、充電の利便性に優れたパブリックエリア向けスタンド型普通充電器を2012年1月より発売する。  新製品は、充電ケーブルを1本、または2本搭載しているため、車載の充電ケーブルを取り出す手間が省け、充電作業時の利便性に優れている。また、自動車との接続確認機能を搭載し、より安全でより確実な充電を実現...