未分類

「ヤマハSRはすでに文化」生産終了も人気が再燃、その理由をプロショップに聞いた

ヤマハ発動機は3月15日に発売された「ファイナルエディション」を最後に『SR400』の国内向け生産を終了するとアナウンスした。2月の発表から数日で6000台を超える予約があり、この時点で国内の年間販売台数の2倍以上となった。  1978年の登場から約43年間、基本設計を変えることなく販売され、いつの時代も一定の支持を受けてきた同車の魅力とはどんな部分にあるのか?そしてSRの「これから」とは...