マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か « にゅーとぴあ

マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か

マツダの次世代RX-7が復活、というニュースが世界でも話題になっているようだ。この情報や予想イラストを欧州から入手した。  マツダがロータリーエンジンを『コスモスポーツ』に搭載してから、50周年にあたる2017年はマツダにとって特別な年となる。そこでマツダは300psを発揮する1.6リットル次世代ロータリーエンジン、「16x」を搭載する『RX-7』を復活させるシナリオを描いているという。 ...

タグ: , , , , , , ,

その他の記事

  • 上海問屋、5つの入力端子を備えるヘッドホンアンプ

     上海問屋は、USBDAC機能付きのヘッドホンアンプ「ToppingD3DN-11251」の発売を開始した。
     5つの入力端子を備えるヘッドホンアンプ。RCA/SPDIF/BNC/Optical/USBを搭載しており、テレビ・ゲーム機…

  • 豪華バス『菫』を開発、日本一周の旅…阪急交通社

    阪急交通社は12月17日、新型バス車両「クリスタルクルーザー『菫』(すみれ)」2台を製造したと発表した。新型車両は同社の旅行ブランドの一つである「クルスタルハート」の国内バス旅行に導入する。
     「上質なくつろぎ空間」をコンセプトに開発した新型バスは、乗車中の心地よさを確保するため、定員を18席とした。座席は上質な布生地を多用し、リクライニング角度は最大129度まで調節可能。車内からの眺望を……

  • スバル、「エヴォルティス」を商標登録…初の市販PHVか

    SUBARU(スバル)が米国において、『エヴォルティス』(EVOLTIS)のネーミングを商標登録していたことが判明した。
     これは、米国USPTO(特許商標庁)が公式サイトで明らかにしているもの。スバルの東京本社の名義で、エヴォルティスのネーミングを商標登録したことが記されている。
     このエヴォルティス、スバルが米国市場投入に向けて準備を進めていると見られるプラグインハイブリッド車(PH……

  • ヤマハ「YZF-R1」に新グラフィック

     ヤマハ発動機は、高性能な水冷4ストロークDOHC直列4気筒エンジンを搭載する1000ccスーパースポーツ、「YZF-R1」のグラフィックを変更し2011年4月15日より発売する。

     2011年モデルの「デ…

  • ランボルギーニ、アヴェンタドール ロードスター新色追加

    ランボルギーニ・ジャパンは12月14日、『アヴェンタドールLP700-4ロードスター』を日本初公開した。同車には、ランボルギーニが誇る往年の名車1968年型『ミウラロードスター』を連想させ…