マツダ ロードスター 新型、「高性能版の計画はなし」…英メディア « にゅーとぴあ

マツダ ロードスター 新型、「高性能版の計画はなし」…英メディア

マツダが、世界市場に投入を開始した新型『ロードスター』。同車に、高性能版の追加計画は存在しないと、英メディアが伝えている。  これは6月末、英国の『TopGear.com』が報じたもの。同メディアが新型ロードスターの山本修弘主査に、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」の会場でインタビューし、その内容を掲載している。  同メディアのインタビューの中で、山本主査は、「1.5リット...

タグ: , , , , , , ,

その他の記事

  • 東芝サムスン、内蔵型ブルーレイドライブ「F3SN-506BB」

     フィールドスリーは、東芝サムスン製の内蔵型ブルーレイドライブ「F3SN-506BB」の取り扱いを開始。2月上旬より発売する。

     最大6倍速のBD-R書込みに対応した内蔵型ブルーレイドライ

  • 【まとめ】日産 NV350キャラバン…打倒ハイエースに挑む

    日産の大型商用バン『キャラバン』は、2012年6月にフルモデルチェンジを受け、車名も『NV350キャラバン』と改めた。
     発表会で日産の志賀俊之COOが「すべての点でライバル車に勝つとい…

  • ホンダ グレイス ハイブリッドモデル、ブラック基調の特別仕様車発売

    ホンダは、コンパクトセダン『グレイス』のハイブリッドモデル(安全運転支援システム装着車)に特別仕様車「ブラックスタイル」を設定し、12月14日より販売を開始した。
     ブラックスタイルは、エクステリアのフロントグリルなどにダーククロームメッキを採用し、インテリアにはグレーステッチを施した専用のファブリックシートや本革巻ステアリングホイールを採用。若々しくスポーティーなスタイルを表現した。
    ……

  • VICSがプローブデータを首都圏で導入 2020年春からの実証実験で

    カーナビなどに交通情報を提供しているVICSセンターが2020年春より新たなチャレンジとして、プローブデータを活用した実証実験をスタートさせる。10月にシンガポールで開催されたITS世界会議と、その直後の東京モーターショーの同社ブースでその概要を公開した。
     ◆交通情報提供の対象道路は現状の30%から70%へと大幅拡大
     それによると、首都圏の1都6県(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京……

  • アルファ ロメオ ミト に20台限定の特別仕様

    フィアットクライスラージャパンは、アルファロメオ『ミト』の限定車『ミトクアドリフォリオヴェルデSBKリミテッドエディション』を設定、4月17日から国内20台限定で発売した。
     ア