豊田自動織機、EV向けカーエアコン用電動コンプレッサーの中国現地生産開始へ « にゅーとぴあ

豊田自動織機、EV向けカーエアコン用電動コンプレッサーの中国現地生産開始へ

豊田自動織機は10月10日、同社初となる電動コンプレッサーの海外生産を、中国で2020年初旬より開始すると発表した。  電動コンプレッサーは、ハイブリッド車・プラグインハイブリッド車・電気自動車等の電動車の空調用として普及し、その台数も年々増加。豊田自動織機は2003年に世界初の量産を開始してから世界シェアトップを堅持しており、電動車市場の拡大とともに生産台数を増やし、これまでに約2000...

タグ: , , , , , , , , ,

その他の記事

  • コルグ、シンセサイザーの組み立てキット「MS-20 Kit」

     コルグは、シンセサイザーの組み立てキット「MS-20Kit」を発表。数量限定で2月上旬より発売する。

     1978年発売のシンセサイザー「MS-20」をプラモデル感覚で組み立てるキット。昨年20…

  • ゼンハイザー、対象ヘッドホンなど購入で最大20,000円をキャッシュバック

     ゼンハイザーは、最大20,000円を還元するキャッシュバックキャンペーンを2019年11月21日より開始した。

     キャンペーン対象購入期間は、2019年11月21日から2020年1月13日まで。期間内に対象製品を購入し、応募用紙に必要事項を記入したうえ、レシートのコピーを同封し、郵送にて不備なく応募したユーザーへ、キャッシュバックを実施する。応募締切は2020年1月31日まで(当日消……

  • CCP、操縦者に勝手について来る赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」

     シー・シー・ピーは、赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」を発表。6月23日より発売する。

     レバー操作なしで機体が一定範囲内の距離を保ちながら、コントローラー操縦者を追跡する新技術"フォロミー機能”を搭載した赤外線ヘリコプター。機体センサーがコントローラーの位置を察知し、一定の距離を保ちながら飛行する機能となっており、コントローラーを近づけると機体は離れ、つかず離れずの距離感をキ…

  • トゥーラン 消滅か…VWが次世代ミニバンを開発中!? 380馬力のハイパワー仕様も

    噂のあったフォルクスワーゲンの次世代ミニバン『バリオスポーツ』(仮称)の開発車両を、南ドイツの飛行場でカメラが初めて捉えた。初期プロトタイプのため、『トゥーラン』のボディを使っているが、その全貌が徐々に見えたきた。
     VWでは、年々MPVの販売が落ち込んでおり、現在はクロスオーバーSUVなどに顧客が流れている。この動きは今後10年でさらに加速すると見られており、社内で再編が検討されていた。……

  • アウディ TT 改良新型は306馬力ターボ搭載、スポーツ性を強化…パリモーターショー2018

    ◆立体的なシングルフレームグリル
     アウディはフランスで開幕したパリモーターショー2018において、『TTクーペ』(AudiTTCoupe)と『TTロードスター』(AudiTTRoadster)の改良新型をワールドプレミアした。
     現行「TT」シリーズは3世代目。2014年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2014で発表された。この現行TTが2014年春のデビューから4年以上……