シーズ・ラボ、AI活用の車内状況分析システムを公開 « にゅーとぴあ

シーズ・ラボ、AI活用の車内状況分析システムを公開

アルパインのソフトウエア開発子会社、シーズ・ラボは1月15日に東京ビッグサイトで開幕したオートモーティブワールド2020で、AIを利用したバス車内状況の分析システムをデモンストレーションで紹介している。  バス車内状況の分析システムは北海道大学調和系工学研究室と共同開発中のもので、汎用カメラで収集したバス車内の画像をクラウド上でAI学習し、そこで学習したモデルをもとに乗客数や着席状態、荷物...

タグ: , , , , , , ,

その他の記事

  • 「FF XV」に登場したルシス王国の公用車「Audi R8 Star of Lucis」…東京オートサロン

    「V-VISION×Curumaction」ブースに、アウディジャパンとスクウェアエニックスのコラボから生まれた世界で1台だけの「TheAudiR8StarofLucis」が展示された。
     この特別仕様車は、ゲーム「FINALFANTASYXV」と連動したフルCG映像作品「KINGSGLAIVEFINALFANTASYXV」に登場するマシンを実車化したもの。「TheAudiR8Starof……

  • 京商、世界の建設機械メーカー「コマツ」の油圧ショベルを1/50スケールのIRCに

     京商は、建設機械メーカー「コマツ」の油圧ショベル「KOMATSUPC1250-8」を1/50スケールの赤外線コントロール(IRC)として再現した「KOMATSUPC1250-8(HG)」を発表。7月より発売する。

     「コマツ」の油圧ショベルをリアルに再現し、2009年10月に発売を開始した「KOMATSU
    PC1250-8」のグレードアップモデル。新型のクラッチシステムを採用するこ……

  • 楽天、7,980円の電子ブックリーダー「kobo Touch(コボタッチ)」を発表

     楽天の子会社のKoboInc.(以下「Kobo社」)は、日本での電子書籍サービスを7月19日から開始すると発表。日本市場向けに電子ブックリーダー「koboTouch(コボタッチ)」を7月19日より発売す…

  • 日産 フェアレディZ、次期モデルのテスト車をついに目撃!最強モデルは「Z400」か

    日産が誇る伝統の2ドアスポーツ『フェアレディZ』(海外名:370Z)の次期モデルに関する新情報だ。そのプロトタイプがついに、ニュルブルクリンクに姿を見せた。テスト走行の様子をスクープサイトSpyder7のカメラが捉えた。
     フェアレディZは、1969年に『ダットサンフェアレディ』に代わり初代が誕生、その後10年に渡り販売された。1978年には2代目が発売、ロングノーズ、ショートデッキのスタ……

  • ロジクール、電磁気スクロールホイールを搭載したワイヤレスマウス「MX MASTER 3」

     ロジクールは、PC周辺機器のフラグシップモデル「MX」シリーズより、「MXMASTER3アドバンスドワイヤレスマウス」を発表。9月27日より発売する。

     独自開発の電磁気スクロールホイール「MagSpeed」を新たに搭載したのが特徴。「高速モード」では1秒間に1000行もの高速スクロールが可能で、「ラチェットモード」では数行ごとにスクロールが行える。

     電磁気スクロールホイール……