ホンダ « にゅーとぴあ

‘ホンダ’ タグのついている投稿

ホンダ『CB-Fコンセプト』、バーチャルモーターサイクルショーで世界初公開

2020 年 3 月 30 日 月曜日
ホンダは3月27日、大阪・東京モーターサイクルショー2020に出展を予定していたコンセプトモデル『CB-Fコンセプト』をホームページで世界初公開した。  ホンダは、大阪・東京モーターサイクルショー2020の開催中止に伴い、公開を予定していた「ホンダブース」と「DreamNetworkブース」および二輪出展車両29台を、ウェブサイトで「ホンダバーチャルモーターサイクルショー」として3月27日...

【ホンダ ベンリィe:試乗】「現場第一主義」だからこその可能性をみた

2020 年 3 月 27 日 金曜日
ホンダは電動二輪車『ベンリィe:(BENLYe:、ベンリィ・イー)』シリーズを、新聞配達や宅配など法人向けに2020年4月24日、販売開始する。  クルマの免許でも運転できる原付一種(50cc以下)相当を「I」、原付二種(125cc以下)相当を「II」とし、それぞれに大型フロントバスケットやリアキャリア、ナックルバイザー、フットブレーキを標準装備した上級仕様“プロ”を設定した。  つまり...

ホンダ インサイト に2021年モデル、米国市場で発売

2020 年 3 月 26 日 木曜日
ホンダの米国部門は3月23日、『インサイト』(HondaInsight)の2021年モデルを発表した。3月24日に販売を開始している。  現行インサイトは、1999年に米国で初のハイブリッドモデルとして発売された初代から数えて、3世代目モデルとなる。2018年に、およそ4年ぶりに復活を果たした。ホンダの乗用車ラインナップでは、『シビック』と『アコード』の間に位置する5名乗りのセダンとなる。...

ホンダ シビックタイプR に軽量「リミテッドエディション」

2020 年 3 月 24 日 火曜日
ホンダの英国部門は3月19日、改良新型『シビックタイプR』(HondaCivicTypeR)の軽量仕様、「リミテッドエディション」が完売した、と発表した。納車は、今夏以降を予定している。  リミテッドエディションは、全世界向けに1000台が限定生産される予定だ。このうち、英国市場には20台が導入される。標準のシビックタイプRの卓越したドライビングダイナミクスとパフォーマンスをベースに、高速...

ホンダの新型バイク「CT125ハンターカブ」正式デビュー

2020 年 3 月 23 日 月曜日
本田技研工業は2020年3月20日、新型の原付二種バイク(第二種原動機付自転車)「CT125ハンターカブ」を同年6月26日に発売すると発表した。  不整地でも強いカブ  2019年秋の東京モーターショーにコンセプトモデルが出展されて注目を集めたCT125ハンターカブが、正式に発売される。これはホンダの「スーパーカブ」シリーズの一翼を担うモデルで、普段使いできる気軽さに加え、郊外へのツーリ...

ホンダ ハンターカブ 6月26日発売決定、価格は44万円

2020 年 3 月 23 日 月曜日
ホンダは昨年の東京モーターショーで世界初公開した新型レジャーバイク『CT125・ハンターカブ』を6月26日に発売すると発表した。  CT125・ハンターカブは、『スーパーカブ』シリーズの魅力である普段使いの気軽さに加えて、郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段として、楽しみをより一層拡げる機能性を備えたモデルだ。  車体は、スーパーカブC125のフレーム...

【ホンダ アコード 新型】合言葉は New Age, New ACCORD

2020 年 3 月 19 日 木曜日
ホンダは、上級セダン『アコード』をフルモデルチェンジ。2017年より北米では販売が開始されていたが、2年半遅れで日本導入。10代目となる新型は、プラットフォームを刷新し、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載する。  ボディーサイズは全長4900×全幅1860×全高1450。  ◆存在感溢れるスタイリング  テストコースで“先行車”とよばれるテストカーを走らせるところからエ...

ホンダ シビック タイプR 改良新型に軽量仕様、「リミテッドエディション」

2020 年 3 月 19 日 木曜日
ホンダの欧州部門は、改良新型『シビックタイプR』(HondaCivicTypeR)の軽量仕様、「リミテッドエディション」を今夏、欧州市場で発売すると発表した。  ◆足回りを専用チューニング  リミテッドエディションは、最もダイナミックなFFハッチバックを目指して開発された。新開発の軽量コンポーネントと、無駄を省いたドライバー中心のインテリアを備えており、歴代シビックタイプRで最もスパルタ...

フィットに続き進化!5ナンバーワゴン、ホンダ『シャトル』次期型は2021年デビューか

2020 年 3 月 18 日 水曜日
ホンダの5ナンバーステーションワゴン、『シャトル』次期型に関する情報をスクープサイト「Spyder7」が入手した。販売好調な新型『フィット』をベースに、第2世代へとバトンタッチする。  シャトルは、2015年に『フィットシャトル』の後継モデルとして登場。5ナンバーサイズのステーションワゴンという希少性から、根強い人気を誇るモデルだ。  ハイブリッドにはベースとなった3代目『フィット』同様...

【ホンダ フィット 新型】発売1か月で3万1000台超を受注、ヤリスには及ばず

2020 年 3 月 17 日 火曜日
ホンダは、2月14日に発売した『フィット』新型の累計受注台数について、約1か月後となる3月16日時点で3万1000台を超えたと発表。月間販売計画の3倍以上となる好調な立ち上がりとなったが、トヨタ『ヤリス』の約3万7000台には及ばなかった。  フィット新型の主な好評点としては、極細のフロントピラーや水平基調のインパネなどによる心地よい視界、初採用のボディースタビライジングシートによる快適な...