EOS « にゅーとぴあ

‘EOS’ タグのついている投稿

キヤノン「EOS-1D X Mark III」に不具合、対応ファームウェアを準備中

2020 年 3 月 25 日 水曜日
 キヤノンマーケティングジャパンは3月25日、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1DXMarkIII」(2月14日発売)に関する不具合などを発表した。  発表によれば、「ファインダー内表示の水準器を“表示する”に設定している場合に、AF-ONボタンやシャッターボタンなどを操作しても、まれにカメラが正常に動作しないことがある」とのこと。「EOS-1DXMarkIII」のファームウェア「Ve...

キヤノン、「EOS-1D X Mark III」を2月14日に発売

2020 年 1 月 24 日 金曜日
 キヤノンは、2月中旬の発売を予定していた、デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデル「EOS-1DXMarkIII」の発売日を決定。2月14日より発売する。  仕様面では、新開発の有効約2010万画素フルサイズCMOSセンサー、および新映像エンジン「DIGICX」を装備。さらに、AF専用のセンサーなど、キーデバイスを一新した。これにより、AF・AE(自動露出制御)を追従させながら、...

キヤノン、フラッグシップ機「EOS-1D X Mark III」を2月中旬発売

2020 年 1 月 7 日 火曜日
 キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1DXMarkIII」を2020年2月中旬より発売すると発表した。同社における「最先端技術や最高クラスの性能」を備えた、フラッグシップモデルのデジタル一眼レフカメラとして、2019年10月24日に開発発表していたモデルだ(※画像1枚目は「EF24-70mmF2.8LIIUSM」装着イメージ)。  仕様面では、新開発の有効約2010万画素フル...

キヤノン、フラッグシップ機「EOS-1D X Mark III」を開発発表

2019 年 10 月 24 日 木曜日
 キヤノンは10月24日、デジタル一眼レフカメラのフラッグシップモデルとして、「EOS-1DXMarkIII」を開発発表した(※画像は「EF24-70mmF2.8LIIUSM」装着イメージ)。  スポーツや報道、スタジオ撮影など、プロフェッショナルの撮影現場に求められる高い性能と信頼性を備えるという、「EOS-1」シリーズの最新モデル。従来機種「EOS-1DXMarkII」(2016年...

「opera 50mm F1.4」とEOS-1D X Mark IIで露出オーバーの不具合、FWで対応

2018 年 11 月 7 日 水曜日
 ケンコー・トキナーは、10月26日に発売した交換レンズ「opera50mmF1.4FFキヤノンEF用」のファームウェアアップデートについてアナウンスした。  同社によれば、「opera50mmF1.4FFキヤノンEF用」を「EOS-1DXMarkII」で使用した際、露出がオーバーになる現象を確認したとのこと。そこで今回、この現象に対するファームウェアアップデートを11月6日より開始し...

キヤノン、フィルム一眼レフカメラ「EOS-1v」を販売終了

2018 年 5 月 30 日 水曜日
 キヤノンは、フィルム一眼レフカメラ「EOS-1v」について、販売を終了すると発表した。  「EOS-1v」は、2000年3月に発売された、同社フィルム一眼レフカメラのフラッグシップモデル。マグネシウム合金外装のボディを採用するほか、45点エリアAF、約10コマ/秒の高速連写(ニッケル水素パック「NP-E2」使用時)を実現している。  なお、ユーザーへのサービス・サポート向上を目...

キヤノン、秒間14コマ連写&4K/60p動画対応のフラッグシップ「EOS-1D X Mark II」

2016 年 2 月 2 日 火曜日
 キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ「EOS」シリーズのフラッグシップモデル「EOS-1DXMarkII」を発表。4月下旬より発売する。  2012年6月に発売された「EOS-1DX」の後継機で、プロフェッショナル向けデジタル一眼レフカメラ。撮像素子には、新開発の約2020万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。「EOS-1DX」の約1810万画素から、画素数をアップさせなが...

キヤノン、最上位モデル「EOS-1」シリーズ誕生25周年

2014 年 6 月 10 日 火曜日
 キヤノンは、レンズ交換式カメラ「EOS」のフラッグシップモデルである「EOS-1」シリーズが、1989年の初号機「EOS-1」の誕生から25周年を迎えたと発表した。  1987年に、世界初の電子マウント方式を採用し、AF駆動や絞り調整などを電気信号で行う完全電子制御化を実現したAF一眼レフカメラとして「EOS」が誕生。その2年後の1989年には、プロ向けの最高級機「EOS-1」シリー...

キヤノン、「EOS-1D X」の最新ファームウェア

2013 年 5 月 30 日 木曜日
 キヤノンは、プロフェッショナル向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS-1DX」について、最新ファームウェアの公開を開始した。  最新ファームウェアのバージョンは「Version1.2.4」。ファームウェア更新により、外部ストロボでAF補助光を投光したときのAFスピードが高速化するなど、複数の機能向上などが図られる。  EOS-1DXファームウエアVersion1.2.4

キヤノン、EOS 5D Mark IIIとEOS-1D Xのファームウェア提供を予告

2013 年 3 月 22 日 金曜日
 キヤノンは、35mm判フルサイズセンサーを搭載したハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「EOS5DMarkIII」と、プロ向けデジタル一眼レフカメラ「EOS-1DX」の2機種について、ストロボ使用時のAF速度を向上させるファームウェアを提供すると発表した。  ストロボのAF(オートフォーカス)補助光が投光されたときのAFスピードを向上させるファームウェアを、ウェブ上で公開する。「...